ノートPC・タブレットPC主要スペック早見表【2018年10月更新】

スポンサーリンク

ノートPC・タブレットPC主要スペック早見表【2018年10月更新】

jPNe4lp4eynTocC1539770400_1539770676.png
細かい説明とか単位とかを省いて各パーツの主要スペックを表にまとめました。(おすすめパーツ表の方が合っているかも)
価格は記事更新時点での価格.comでの最安値となっています。

CPU

【Intel】
CPU名称
ベンチマーク
定格
クロック
最大
クロック
TDP
コア/スレッド
Core i9 8950HK145002.94.8456/12
Core i7 8850H133002.64.3456/12
Core i7 8750H126002.24.1456/12
Core i7 8650U92801.94.2154/8
Core i7 8550U89502.83.8454/8
Core i7 8565U88401.84.6154/8
Core i5 8350U82001.73.6154/8
Core i7 6700HQ81302.63.5454/8
Core i5 8265U81001.63.9154/8
Core i5 8250U76001.63.4154/8
Core i5 7300HQ67002.53.5454/4
Core i5 6300HQ60002.33.2454/4
Core i3 8145U57202.13.9152/4
Core i7 6567U55803.33.6282/4
Core i7 7500U52402.73.5152/4
Core i3 8130U51002.23.4152/4
Core i5 7200U47202.53.1152/4
Core i5 6500U44402.53.1152/4
Core i5 6260U43801.82.9152/4
Core i5 6300U43702.43.0152/4
Core i7 5600U42902.63.2152/4
Core i7 5500U40002.43.0152/4
Core i5 6200U39502.32.8152/4
Core i7 7Y7539501.33.64.52/4
Core i3 7100U38702.4-152/4
Core i7 4610Y37401.72.911.52/4
Core m3 7Y3036801.02.64.52/4
Core i3 7020U35902.3-152/4
Core i3 6100U35802.3-152/4
Core m7 6Y7535501.23.172/4
Core i5 7Y5435201.23.24.52/4
Core i5 5200U35002.22.7152/4
Core m5 6Y5433001.12.772/4
Core m5 6Y5732101.12.872/4
Core i7 740QM32101.72.9454/8
Core i3 6006U31602.0-152/4
Core i3 5010U30702.1-152/4
Core M-5Y7130701.22.94.52/4
Core i3 5015U30602.1-152/4
Core m3 6Y3030500.92.24.52/4
Core i3 5005U29202.0-152/4
Core M-5Y1027400.82.04.52/4
Core M-5Y5125301.12.64.52/4
Core i3 4005U24601.7-152/4
Core i3 4020Y21901.5-11.52/4
Celeron Dual-Core 3955U20402.0-152/2
Celeron Dual-Core 2950M20302.0-372/2
Celeron Dual-Core 3865U19501.8-152/2
Atom x7-Z870019201.62.444/4
Atom x5-Z855019201.442.444/4
Celeron N345018201.12.2172/4
Atom Z379517601.62.444/4
Atom x7-Z875017301.62.644/4
Celeron Dual-Core 3855U16901.6-152/2
Celeron Dual-Core 3205U16701.5-152/2
Celeron 3965Y16201.5-62/2
Atom x5-Z835012601.441.944/4
Atom Z377512501.462.444/4
Atom x5-Z830012001.441.844/4
Celeron Dual-Core N335011401.12.462/2
Atom Z374510701.331.8644/4
Atom Z374010601.331.8644/4
Celeron Dual-Core N284010102.162.5872/2
Celeron Dual-Core N28309602.16-7.52/2
Celeron Dual-Core N30609601.6-62/2
Atom Z3735F9301.33-4.44/4
Atom Z3736F9201.33-4.44/4
Celeron Dual-Core N30508901.6-62/2
【AMD】
CPU名称
ベンチマーク
定格
クロック
最大
クロック
TDP
コア/
スレッド
Ryzen 7 2700U76002.23.8154/8
Ryzen 5 2500U76002.03.6154/8
Ryzen 3 2300U71002.03.4154/4
Ryzen 3 2200U44002.53.4152/4
FX 9800P41202.73.6154/4
A12-9700P39502.53.4154/4
PRO A8-8600B39201.63.0154/4
A10-9600P38702.33.2154/4
A8-8600P32401.63.0154/4
A8-5550M30002.13.1354/4
A10-730029401.93.2194/4
A8 PRO-7150B27401.93.2194/4
A8-741026902.22.5254/4
A6-731026402.02.4254/4
PRO A6-9500B23802.33.2152/2
A9-942023203.03.4152/2
E2-711022601.8-154/4
A6-8500P21801.63.0152/2
E2-900018201.82.2102/2
A6-9220e15601.62.4?2/2
A4 Micro-6400T15401.01.64.54/4
E2-9000e13001.52.062/2

GPU(グラボ)

GPU名称
3DMark
TDP
メモリー
GeForce GTX 1070149001508GB
GeForce GTX 1060110001206GB
GeForce GTX 1050 Ti7400504GB
GeForce GTX 10505500502GB
GeForce MX 1503200252GB
【CPU内蔵GPU】
GPU名称
3DMark
Radeon Vega 10 Graphics1300
Radeon Vega 8 Graphics1220
Radeon Vega 6 Graphics?
Intel UHD Graphics 620920
Radeon Vega 8 Graphics?
Intel HD Graphics 620730
Intel Iris Graphics 520610
Intel HD Graphics
(Cherry Trail Mobile)
610
Intel HD Graphics 615530

メモリー

【容量】
メモリー容量
概要
16GB~
超高性能モデルやゲーミングモデルでの採用が主。しかし、16GB自体は特別多い訳でもない。
標準8GBのものを16GBに増設する人は多い。
8GBノートPCで圧倒的に採用が多い容量。ゲーム等をしないなら困る事はほぼない。だが、それほど余裕のある容量でもない。
~4GB
最低限の事が出来れば良いという感じの容量。
安価なタブレットPCなら仕方ない感はあるが、ノートPCなら8GBは欲しいところ。
【速度】
メモリー速度(規格)
概要
PC4-14900(DDR4-1866)
DDR4では特に遅い部類。採用も多くない。実質モバイル端末DDR4最低速度。
PC4-17000(DDR4-2133)
DDR4の中では少し遅い方だが、モバイル端末向けならまぁまぁな速度。採用は多くない
PC4-19200(DDR4-2400)特に採用の多い速度。コスパが良く採用が非常に多い。
PC4-21300(DDR4-2666)
採用の多い速度。デスクトップPC向けのものと比較しても劣らず高速で、コスパも良い。
ハイエンドでも通用する。
PC4-25600(DDR4-3200)~モバイル端末でこれ以上の速度は無いと思った方が良い。(数が少なく非常に高額)

HDD/SSD

PC
HDD
SSD
ハイスペックなし~1TB240GB~512GB
ミドルスペックなし~1TBなし~256GB
ロースペックなし~500GBなし~128GB

ディスプレイ(画面)

【パネルの種類】
パネルの種類
概要
TN最も安価なパネル。視野角が狭いが、応答速度が速いためゲーミング用には向いている。
IPS少し高価なパネル。色鮮やかで視野角が広いが、応答速度が少し遅く消費電力も多め。
VA
価格はTNとIPSの中間くらいで、消費電力が少ない。本来の「黒」を最もよく再現できると言われている。
視野角はIPSより少し狭いのが基本だが、IPS並みに広いタイプも存在する。
【画面サイズ】
サイズ(インチ)
概要
15.6インチ~標準的だが、モバイル端末の中では大きいタイプになる。基本的に据え置き利用となる。
12.0~14.0インチ
据え置きにも持ち運びにも使える万能サイズ。
ただ、据え置き専用としては若干だが小さいため、持ち運びも視野に入れている人向け。
10.1~12.0インチ
キーボード・タッチパネル・持ち運びの3点全てを求める人向け。
~10.1インチほとんどがタブレットPC。持ち運びはもちろん、家でごろごろしながらWeb閲覧をしたい人に人気。
【解像度】
解像度
概要
フルHD(1920x1080)以降
モバイル端末だと、標準では文字が小さく見辛い。
そのため、拡大縮小を自在に出来る大きめのタブレットでよく採用される。
フルHD(1920x1080)前後14~15.6インチ程度のノートPCでよく採用される。使い勝手が非常に良い。
WXGA(1366x768)前後14インチ前後のノートPCでよく採用されるが、ノートPCだと少し狭く感じる。
WXGA(1366x768)未満5~7インチ程度の小型タブレットで採用される。狭く使いにくいため需要も供給もあまりない。

この記事へのコメント