ノートPC・タブレットPC主要スペックまとめ【2018年10月更新】

スポンサーリンク

ノートPC・タブレットPC主要スペックまとめ【2018年10月更新】

ノートPC・タブレットPCの各パーツの主要スペックをまとめています。(2018/10/12 更新)
基本新しいもののみを掲載しています。古いものや、新しくても需要の無さそうなものは載せていません。
欲しいPCのスペックをざっと知りたい時用。

CPU

CPUは『PCの頭脳』とよく表現される非常に重要なパーツです。
2018年10月現在の主要CPUを性能帯に分けてまとめています。
CPU名の隣の数値がベンチマークスコアとなっています。ベンチマークスコアは『PASSMARK』を参考にした値となっています。

ハイエンドCPU

現状最高クラスのCPU。
主に最新の3Dゲームや、動画エンコードなどをする人が必要にする。
モバイル端末向けでは最近やっと少しだけ出てきた程度。

Intel
Core i9 8950HK    14500 (2.9Ghz 最大4.8GHz    45W    6コア    12スレッド)
Core i7 8850H    13300 (2.6Ghz 最大4.3GHz    45W    6コア    12スレッド)
Core i7 8750H    12600 (2.2Ghz 最大4.1GHz    45W    6コア    12スレッド)

ハイクラス

ハイエンドには劣るが十分高性能なCPU。
可・不可でいえばこのクラスのCPUでも不可能な事はほぼない。(一般的な用途なら)

Intel
Core i7 8650U    9280 (1.9Ghz 最大4.2GHz    15W    4コア    8スレッド)
Core i7 7700HQ    8950 (2.8Ghz 最大3.8Ghz    45W    4コア    8スレッド)
Core i7 8565U    8840 (1.8Ghz 最大4.6GHz    15W    4コア    8スレッド)
Core i7 8550U    8300 (1.8Ghz 最大4.0GHz    15W    4コア    8スレッド)
Core i5 8350U    8200 (1.7Ghz 最大3.6GHz    15W    4コア    8スレッド)
Core i7 6700HQ    8130 (2.6Ghz 最大3.5GHz    45W    4コア    8スレッド)
Core i5 8265U    8100 (1.6Ghz 最大3.9GHz    15W    4コア    8スレッド)
Core i5 8250U    7600 (1.6Ghz 最大3.4GHz    15W    4コア    8スレッド)

AMD
Ryzen 7 2700U    7600 (2.2Ghz 最大3.8GHz    15W    4コア    8スレッド)
Ryzen 5 2500U    7600 (2.0Ghz 最大3.6GHz    15W    4コア    8スレッド)

ミドルクラス・エントリークラス

中性能帯のCPU。
文書作成やネット閲覧等のヘビーでない用途を快適に行える。
設定等を工夫すれば多少ヘビーな事も出来なくはないが、おすすめはしない。

Intel
Core i5 7300HQ    6700 (2.5Ghz 最大3.5GHz    45W    4コア    4スレッド)
Core i5 6300HQ    6000 (2.3Ghz 最大3.2GHz    45W    4コア    4スレッド)
Core i3 8145U    5720 (2.1Ghz 最大3.9GHz    15W    2コア    4スレッド)
Core i7 6567U    5580 (3.3Ghz 最大3.6GHz    28W    2コア    4スレッド)
Core i7 7500U    5240 (2.7Ghz 最大3.5GHz    15W    2コア    4スレッド)
Core i3 8130U    5100 (2.2Ghz 最大3.4GHz    15W    2コア    4スレッド)
Core i5 7200U    4720 (2.5Ghz 最大3.1GHz    15W    2コア    4スレッド)
Core i7 6500U    4440 (2.5Ghz 最大3.1GHz    15W    2コア    4スレッド)
Core i5 6260U    4380 (1.8Ghz 最大2.9GHz    15W    2コア    4スレッド)
Core i5 6300U    4370 (2.4Ghz 最大3.0GHz    15W    2コア    4スレッド)
Core i7 5600U    4290 (2.6Ghz 最大3.2GHz    15W    2コア    4スレッド)
Core i7 5500U    4000 (2.4Ghz 最大3.0GHz    15W    2コア    4スレッド)
Core i5 6200U    3950 (2.3Ghz 最大2.8GHz    15W    2コア    4スレッド)
Core i7 7Y75    3950 (1.3Ghz 最大3.6GHz    4.5W    2コア    4スレッド)
Core i3 7100U    3870 (2.4Ghz    15W    2コア    4スレッド)
Core i7 4610Y    3740 (1.7Ghz 最大2.9GHz    11.5W    2コア    4スレッド)
Core m3 7Y30    3680 (1Ghz 最大2.6GHz    4.5W    2コア    4スレッド)
Core i3 7020U    3590 (2.3Ghz    15W    2コア    4スレッド)
Core i3 6100U    3580 (2.3Ghz    15W    2コア    4スレッド)
Core m7 6Y75    3550 (1.2Ghz 最大3.1GHz    7W    2コア    4スレッド)
Core i5 7Y54    3520 (1.2Ghz 最大3.2GHz    4.5W    2コア    4スレッド)
Core i5 5200U    3500 (2.2Ghz 最大2.7GHz    15W    2コア    4スレッド)
Core m5 6Y54    3300 (1.1Ghz 最大2.7GHz    7W    2コア    4スレッド)
Core m5 6Y57    3210 (1.1Ghz 最大2.8GHz    7W    2コア    4スレッド)
Core i7 740QM    3210 (1.7Ghz 最大2.9GHz    45W    4コア    8スレッド)
Core i3 6006U    3160 (2Ghz    15W    2コア    4スレッド)
Core i3 5010U    3070 (2.1Ghz    15W    2コア    4スレッド)
Core M-5Y71    3070 (1.2Ghz 最大2.9GHz    4.5W    2コア    4スレッド)
Core i3 5015U    3060 (2.1Ghz    15W    2コア    4スレッド)
Core m3 6Y30    3050 (0.9Ghz 最大2.2GHz    4.5W    2コア    4スレッド)
Core i3 5005U    2920 (2Ghz    15W    2コア    4スレッド)
Core M-5Y10    2740 (0.8Ghz 最大2.0GHz    4.5W    2コア    4スレッド)
Core M-5Y51    2530 (1.1Ghz 最大2.6GHz    4.5W    2コア    4スレッド)

AMD
Ryzen 3 2300U    7100 (2.0Ghz 最大3.4GHz    15W    4コア    4スレッド)
Ryzen 3 2200U    4400 (2.5Ghz 最大3.4GHz    15W    2コア    4スレッド)
FX 9800P    4120 (15W    2.7Ghz 最大3.6GHz    4コア    4スレッド)
A12-9700P    3950 (15W    2.5Ghz 最大3.4GHz    4コア    4スレッド)
PRO A8-8600B    3920 (15W    1.6Ghz 最大3.0GHz    4コア    4スレッド)
A10-9600P    3870 (15W    2.3Ghz 最大3.2GHz    4コア    4スレッド)
A8-8600P    3240 (15W    1.6Ghz 最大3.0GHz    4コア    4スレッド)
A8-5550M    3000 (35W    2.1Ghz 最大3.1GHz    4コア    4スレッド)
A10-7300    2940 (19W    1.9Ghz 最大3.2GHz    4コア    4スレッド)
A8 PRO-7150B    2740 (19W    1.9Ghz 最大3.2GHz    4コア    4スレッド)
A8-7410    2690 (25W    2.2Ghz 最大2.5GHz    4コア    4スレッド)
A6-7310    2640 (25W    2Ghz 最大2.4GHz    4コア    4スレッド)

ロークラス・ローエンド

最低性能帯のCPU。超省電力モデルと超低価格のもので構成される。

Intel
Core i3 4005U    2460 (1.7Ghz    15W    2コア    4スレッド)
Core i3 4020Y    2190 (1.5Ghz    11.5W    2コア    4スレッド)
Celeron Dual-Core 3955U   2040 (2Ghz    15W    2コア    2スレッド)
Celeron Dual-Core 2950M    2030 (2Ghz    37W    2コア    2スレッド)
Celeron Dual-Core 3865U    1950 (1.8Ghz    15W    2コア    2スレッド)
Atom x7-Z8700    1920 (1.6Ghz 最大2.4GHz    4W    4コア    4スレッド)
Atom x5-Z8550   1920 (1.44Ghz 最大2.4GHz    4W    4コア    4スレッド)
Celeron N3450  1820 (1.1Ghz 最大2.2GHz    17W    2コア    4スレッド)
Atom Z3795    1760 (1.6Ghz 最大2.4GHz    4W    4コア    4スレッド)
Atom x7-Z8750    1730 (1.6Ghz 最大2.6GHz    4W    4コア    4スレッド)
Celeron Dual-Core 3855U    1690 (1.6Ghz    15W    2コア    2スレッド)
Celeron Dual-Core 3205U    1670 (1.5Ghz    15W    2コア    2スレッド)
Celeron 3965Y    1620 (6W    1.5Ghz   2コア    2スレッド)
Atom x5-Z8350    1260 (1.44Ghz 最大1.9GHz    4W    4コア    4スレッド)
Atom Z3775    1250 (1.46Ghz 最大2.4GHz    4W    4コア    4スレッド)
Atom x5-Z8300    1200 (1.44Ghz 最大1.8GHz    4W    4コア    4スレッド)
Celeron Dual-Core N3350    1140 (1.1Ghz 最大2.4GHz    6W    2コア    2スレッド)
Atom Z3745    1070 (1.33Ghz 最大1.86GHz    4W    4コア    4スレッド)
Atom Z3740    1060 (1.33Ghz 最大1.86GHz    4W    4コア    4スレッド)
Celeron Dual-Core N2840    1010 (2.16Ghz 最大2.58GHz    7W    2コア    2スレッド)
Celeron Dual-Core N2830    960 (2.16Ghz    7.5W    2コア    2スレッド)
Celeron Dual-Core N3060    960 (1.6Ghz    6W    2コア    2スレッド)
Atom Z3735F    930 (1.33Ghz    4.4W    4コア    4スレッド)
Atom Z3736F    920 (1.33Ghz    4.4W    4コア    4スレッド)
Celeron Dual-Core N3050    890 (1.6Ghz    6W    2コア    2スレッド)

AMD
PRO A6-9500B    2380 (15W    2.3Ghz 最大3.2GHz    2コア    2スレッド)
A9-9420    2320 (15W    3.0Ghz 最大3.4GHz    2コア    2スレッド)
E2-7110    2260 (15W    1.8Ghz    4コア    4スレッド)
A6-8500P    2180 (15W    1.6Ghz 最大3.0GHz    2コア    2スレッド)
E2-9000    1820 (10W    1.8Ghz 最大2.2GHz    2コア    2スレッド)
A6-9220e    1560 (?W    1.6Ghz 最大2.4GHz    2コア    2スレッド)
A4 Micro-6400T    1540 (4.5W    1Ghz 最大1.6GHz    4コア    4スレッド)
E2-9000e    1300 (6W    1.5Ghz 最大2.0GHz    2コア    2スレッド)

GPU(グラフィックボード)

GPU(グラフィックボード/ビデオカード)は、画像処理を担当するパーツです。
主に3Dゲームや高度な画像編集を行う際に用いられます。
モバイル端末では冷却・電力供給・設置スペース等への対応が難しいため、外付け(増設用)グラボは数が少ないです。
デスクトップ用と同じ名称のGPUを利用している場合も多いですが、性能はデスクトップ用のものより抑えられている場合が多いため注意が必要です。
GPU名の隣の数値がベンチマークスコア。ベンチマークスコアは『UL BenchMark』の3DMarkの値を参考にしています。

ハイエンド

現状最高クラスのGPU。
主に最新の3Dゲームを高設定で快適にプレイしたい人や、高度な画像編集を行う人が必要とする。

GeForce GTX 1070  14900 (150W)
GeForce GTX 1060  6GB  11000 (120W)

ハイクラス

ハイエンドには劣るが高性能なGPU。
主に最新の3Dゲームを低~中設定でプレイしたい人や、高度な画像編集を行う人が必要とする。

GeForce GTX 1050 Ti 7400 (50W)ワットパフォーマンス〇
GeForce GTX 1050 5500 (50W)

ミドルクラス・エントリークラス

中性能帯のGPU。軽めのゲームなら快適にプレイする事ができる。
軽めのゲームを快適にしたい人が主に必要とする。

GeForce MX 150 3200 (25W)ワットパフォーマンス〇

ロークラス・ローエンド

最低性能帯のGPU。内蔵GPUはほとんどがここに分類される。
このクラスのGPUは最低限の事が出来れば良い用。だが、上位のものは軽いゲーム程度なら快適に行えるものもある。

CPU内蔵
Radeon Vega 10 Graphics  1300 Ryzen 7 2700U等に内蔵
Radeon Vega 8 Graphics  1220
 Ryzen 5 2500U等に内蔵
Radeon Vega 6 Graphics  ? Ryzen 3 2300U等に内蔵
Intel UHD Graphics 620  920 Intel第8世代CPUに内蔵
Radeon Vega 3 Graphics  ? Ryzen 3 2200U等に内蔵
Intel HD Graphics 620  730 Intel第7世代CPUに内蔵
Intel Iris Graphics 520  610
Intel HD Graphics(Cherry Trail Mobile)  610
Intel HD Graphics 615  530

メモリー

メモリーは『CPUの作業スペース』とよく表現されるパーツです。
主要な容量と速度についてまとめています。

容量

【16GB~】:超高性能モデルやゲーミングモデル等での採用がほとんど。だが、16GBは特別多い容量でもない。標準8GBのものを増設して16GBにする人は多い。
【8GB】:ノートPCで圧倒的に採用の多い容量。ゲーム等をしないなら困る事はほぼない。が、安心出来る程余裕のある容量でもない。
【4GB】:最低限の事が出来れば良いという感じの容量。タブレットPCなら仕方ない感はあるが、ノートPCなら8GBは欲しいところ。

速度(規格)

【PC4-14900(DDR4-1866)】:DDR4では特に遅い部類。採用は多くない。ノートPC用なら及第点だが、実質的にDDR4最低速度。
【PC4-17000(DDR4-2133)】:採用は多くない。DDR4の中では少し遅い方だがノートPC用ならまぁまぁ。
【PC4-19200(DDR4-2400)】:特に採用の多い速度。ノートPC用としては高速な部類だが、コスパが良く採用が非常に多い。
【PC4-21300(DDR4-2666)】:採用の多い速度。コスパも良くハイエンドでも通用する。
【PC4-25600(DDR4-3200)】:ノートPC用のこれ以上の速度は無いものと思った方が良い。(滅茶苦茶高いし、数が少ない)

HDD・SSD(ストレージ)

HDD/SSD(ストレージ)は、PCで利用するデータを保存するパーツです。
HDDは単価が安いですが、転送速度がそこまで速くなく、SSDは単価が高いですが、転送速度が速いです。
近年ではSSDの単価も安くなってきており、HDD単体のPCは少なくなりました。
PCの各スペック毎の主要なストレージ構成をまとめています。

主要なストレージ構成(2018年)

【ハイスペックPC】:[SSD:500GB~]+[HHD:なし~2TB]
【ミドルスペックPC】:[SSD:なし~256GB]+[HHD:なし~2TB]
【ミドルスペック以下】:[SSD:なし~256GB]+[HHD:なし~1TB]

ディスプレイ(画面)

ディスプレイの要点は、「パネルの種類」「解像度」「画面サイズ」の3点です。
ここでいう解像度は画面のキレイさではなく、作業領域の広さの事です。
それぞれについて簡単にまとめています。

パネルの種類

パネルの種類は、公式HPの仕様表などまで見ないと判明しない場合も多いので注意が必要です。
手間は掛かりますが、かなり重要な項目のため調べる事をオススメします。基本的に下記の3つに分類されます。

【TN】:最も安いパネル。視野角が狭い。応答速度が速いためゲーミング用には向いているが、それ以外の用途なら避けた方が良い。
【IPS】:少し高価なパネル。色鮮やかで視野角が広い。ただし、応答速度が少し遅く消費電力も多め。
【VA】:価格はTNとIPSの中間くらい。本来の「黒」を最もよく再現できると言われている。視野角はTNより広くIPSよりは狭いというのが基本だが、IPS並みに視野角の広いタイプもある。消費電力が少ない。

画面サイズ

【15.6インチ以上】:標準的だがモバイル端末としては大きいサイズ。基本自宅等据え置きとなる。
【12.0~14.0インチ】:据え置きにも持ち運びにも使える万能サイズ。ただ、据え置き専用としては少し小さいため、持ち運びも視野に入れてる人用。
【10.1~12インチ】:純粋なノートPCがほぼ無くなる境界線のサイズ。キーボード、タッチパネル、持ち運び易さの3点全てを求める人用。
【10.1インチ未満】:ほとんどがタブレット。持ち運びはもちろん、家で簡単なWeb閲覧をごろごろしながら出来る。

解像度

【フルHD(1920x1080)より上】:標準では文字が小さく見辛いため、拡大縮小を自在に出来る大きめのタブレットでよく採用される。
【フルHD(1920x1080)前後】:14~15.6インチ程度のノートPCでよく採用される。使い勝手が非常に良い。
【WXGA(1366x768)前後】:14インチ前後のノートPCでよく採用される。ノートPCでは少し狭く感じる。
【WXGA(1366x768)未満】:5~7インチ程度の小型タブレットで採用があるが、狭く使いにくいため需要は少なめ。

この記事へのコメント